一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

書評

まえがき&目次読書法

最近積読している本があまりに溜まってきたので、ある読み方を実践している。 それは、まえがき&目次読書法である。 まえがき&目次読書法 その名のとおり、本のまえがきと目次だけ読んだら、さっさと次の本に移るという本の読み方である。 実際、まえがきと…

「賢さ」のつくり方

先日のKindleストアの日替りセールで、こんな本を買った。 賢さとは何か どうやら賢さは作れるらしい。 本書では「抽象」と「具体」を長く・速く・多く行ったりきたりできる能力を頭がいい(賢い)人と定義している。 その点、僕は「賢さ」とは縁遠い。 昔か…

書評『P.F.ドラッカー 完全ブックガイド』上田惇生

4月から部下をたくさん預かることになったので、あまり本意ではないがドラッカーを学んでいる。 正直、組織の一員として、マネジメント・リーダーシップを発揮することは苦手分野である。 しかし、ここでうまくやらないと、転勤リスクが一気に増大するので、…

自己啓発書の3類型、どれも大事。

ワタクシはビジネス書マニアです。 大学時代に友達がいなかったので、ひたすら図書館で本を読んでいました。 その頃からビジネス書の類は大好きでした。 僕がよくブログで言及する自己啓発書はそんなビジネス書の一分類です。 ビジネス書のジャンルをざっく…

書評『ガチ速決算書入門』金川顕教

今日ご紹介するのはこちらの本。 ガチ速決算書入門★★★★☆ ロバートキヨサキ先生の『金持ち父さん貧乏父さん』でファイナンシャル・インテリジェンス(お金に関する知性)を形作るのは次の4つの専門知識だと言っています。 それはすなわち、 1 会計力2 投資…

書評『30代で逆転する人、失速する人』千田琢哉

今日の書評は、先日Kindleストアで定価の半額以下になっていたので購入したこの本。 『30代で逆転する人、失速する人』 ★★★☆☆ 先日ビジネス書初心者向けの著者として紹介した千田琢哉氏の初期の一冊。 関連記事:ビジネス書初心者向けの作者4名(男性向け) …

書評『あやうく一生懸命生きるところだった』

今日の書評は、某地方都市の本屋で時間を潰していた時に、平積みにされていて見つけたこちらの本。 『あやうく一生懸命生きるところだった』 ★★★☆☆ なかなかキャッチーなタイトルで、アマゾンでも500近いレビューが付いていたので、Kindle版を購入。今朝早く…

書評『ひとりで生きていく』

昨年末から個人的にハマっている芸人ヒロシの『ひとりで生きていく』を読了しました。孤独を愛する僕にとって、共感できるところだらけの素晴らしい一冊でしたので、久々に書評を書きたいと思います。 本書は、タイトルのとおり「ひとりで生きる」ことをテー…

芸人ヒロシの「ひとりで生きるための注意点」が秀逸

今日もテレワーク。 寝不足&謎の体温低下で体調不良でしたが、なんとか復活。 今日は既存さんと家でサク飲み。 近頃、女遊びの優先順位がかなり落ちていますが、経験上波があるものなので、復活したときのためにスキルが錆びつかないように注意したいと思い…

我が道ゆく人にも『7つの習慣』はオススメ

昨晩は既存さんと焼き肉を食べすぎてやや胃もたれ気味です。 今日は雨で外出する気にもならないので、ゆっくり読書&勉強して休日を満喫しています。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 1.時事ネタピックアップ アパレル大手「アダス…

ナニワ金融道とマルクス主義

こんばんは。 先日から読み始めた『ナニワ金融道』が面白くて、読書や勉強のペースがやや落ちてしまっています。 マンガアプリというのは便利で、複数のアプリを使えば無料で一日20話くらいは一気に読めるんですよね。 年末年始は宅建の勉強もがっつりしたい…

【書評】『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』池田千恵

こんばんは。 先週は1件新規で即れたので、今週末は体力温存&自己啓発に充てています。 明日は1件新規アポを入れていますが、気分が乗らなかったらドタキャンしようと思っています。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 1.時事ネタピ…

最高の恋愛コーチ

こんばんは。 今日は上司がいなかったのでひたすら職場で事務処理をしていました。 早めに帰って、これから女子と新規アポに行ってきます。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 1.時事ネタピックアップ 明治安田、人事にAI=生産性…

【書評】『まんがと図解でわかる7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー監修

こんばんは。 今日は既存さんと飲んでました。 いよいよこの既存さんも離脱しそうな雰囲気で、女不足感が顕在化してきました。 タップルの有料プランにとりあえず3ヶ月だけ登録して、打席に立つ回数を増やそうと思います。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□…

【書評】『脱社畜の働き方』日野瑛太郎

こんばんは。 今日も17時半に誰よりも早く帰宅しました。 最近、一匹狼=早く帰る人というイメージが職場に定着しつつあり、よい感じです。 このままの調子で、残業ゼロを目指していきたいと思います。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■…

【書評】『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』日野瑛太郎

こんばんは。 今日は数年前の写真を見る機会があり、ずいぶんと眉間のシワとほうれい線が深くなったな~、としみじみ自分がおっさん化していることを認識。いつまでも恋愛市場に残り続けるためには、EDにならないことに加え、外見の若さも大切なので、アンチ…

『思考は現実化する』『新・完訳 成功哲学』読み比べ

こんばんは。 昨日は高飛車キャリアウーマンを即れなかったのですが、ちょうどいいタイミングで既存さんから「家に泊まりたい」と連絡があったため快諾。 最近、酒をほとんど飲んでいないからか、10代の頃のような性欲が戻ってきています。オナ禁遂行がしん…

『思考は現実化する』に再チャレンジ

こんばんは。 昨晩から熱を出しているので、今日は早帰りを実施し、睡眠を取りました。 体調が悪いと何もする気が起きないので、とにかく身体は大事にしたいと身にしみて感じています。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 1.時事ネ…

【書評】『バビロンの大富豪』ジョージ・S・クレイソン

本日もマネー本をご紹介。 バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか 概要 マネー本の超ロングセラーで不朽の名作。原書『THE RICHEST MAN IN BABYLON』が書かれたのは1926年であり、当然社会や経済などは大きくその姿を変えたが、本書…

【書評】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』山崎元・大橋弘祐

3月初旬以降のテレワーク期間で、かなりたくさんの本を読んだが、肝心のアウトプットができていなかったので、そろそろまとめて感想を書いていきたい。今日は超基礎的なマネー本を紹介。 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 概要…

不眠症で悩まない方法

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 今回も、PART7「疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法」から。 そして、本日は最終章「不眠症で悩まないために」。 最後の最後で、この本はかなり大切なことを教えてくれる。 僕の昔話にな…

仕事中の疲労を追い払う方法

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 今回も引き続き、PART7「疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法」から。 5章目のタイトルは「疲労や悩みの原因となる倦怠を追い払うには」。 まもなく『道を開ける』も読了! この章の趣旨は…

疲労と悩みを予防する仕事中の習慣

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 今回も引き続き、PART7「疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法」から。 4章目のタイトルは「疲労と悩みを予防する四つの習慣」と題し、疲労と悩みを防ぐための仕事中の習慣について紹介され…

ある診療所の心理療法の話

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 本日も引き続き、PART7「疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法」から。 3章目のタイトルは「疲労を忘れ、若さを保つ方法」とある。 似たような章のタイトルが続いているが、本章の内容は、…

職場でできる疲労予防法

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 本日も引き続き、PART7「疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法」から。2章目のタイトルは「疲れの原因とその対策」である。 本章では、肉体的疲労と精神的疲労を分けて考えており、前者は十…

疲れる前に、休もう

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 本日から、PART7「疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法」に突入。長編の本書もいよいよ終盤である。この節の最初の章のタイトルは「活動時間を一時間増やすには」というもので、肉体的な疲…

愚行を記録し、振り返る

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 PART6「批判を気にしない方法」の、最後の3章目のタイトルは「私の犯した愚かな行為」。 見出しとなる章タイトルはかなり重要なので、創元社のカーネギー本は、直訳をする前にもう少し読者目線…

他人の非難に傷つかない方法

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 PART6「批判を気にしない方法」、2章目のタイトルは「非難に傷つかないためには」というもの。 まず、批判を気にしすぎる人は「自意識過剰」ということが書いてある。 本ブログでも繰り返しお…

批判される=注目されていると思おう

今日もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズ。 今日からPART6「批判を気にしない方法」に突入。 日本人は特に他人の批判を気にしすぎる傾向がある。 僕は、誰になんと言われようと一切気にならないメンタルを作り上げることができたのだが、…

神に祈ることで悩みを克服できるのか

今回もD・カーネギー『道は開ける』を勝手に復習するシリーズをお送りする。 今日はPART5「悩みを完全に克服する方法」に突入。 そして、この節は「私の両親はいかにして悩みを克服したか」というタイトルの1章のみ。だが、本全体の約1割の分量がこの1章に割…