一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

FP1級の模試、ストナン日記(2022/8/19分)

本日はFP1級の模試を実施。

午前中2時間半(基礎編)、午後も2時間半(応用編)。基礎編は4択問題、応用編は記述式である。時間を計測して通しで問題を解いたのは初めてだ。

やってみると、基礎編・応用編ともに思っていたよりも時間が余った(答え合わせと解き直しは明日やるので合格点に達しているかは不明、ドキドキ)。

 

一部の難関資格を除き、資格試験の問題傾向は大きく2つあり、

①問題数:試験時間がいっぱいいっぱいだが、求められる知識は並

②問題数:試験時間は比較的余裕があるが、求められる知識のレベルが高い

 

昨年合格した宅建士は①でしたね。ほぼテキスト・問題集をしっかりやっていればよく、難問・奇問はは皆無。ただ、合格水準も高く、反射的に回答していく必要があり、時間との勝負で体力の消耗は激しい。

FP1級は基礎編・応用編とも②ですね。特に、基礎編。ゆっくり解いて見直しもしたが、それでも時間が余る。ただ、知らない知識の問題には手も足も出ないという感じ。知ってるか知らないかの世界。で、過去問に載っていない問題が2割くらい出るイメージ。

 

私は、正直後者の試験の方が得意である。大人のADHD気味なので、ケアレスミスが非常に多いので。しっかり見直す時間があると思えば、とにかく直前期に誰よりも勉強して知識と計算問題のパターンを詰め込めんでおき、それを試験当日時間をかけて引っ張ってこられればよいので。それに気付けたので、だいぶ気が楽になった。そういう意味で、有意義な一日だった。残りの期間は応用編のみ時間を計って問題演習を重ねればよさそうだ。

 

<本日の勉強時間>

・問題演習(模試)・・5時間

・ながら学習・・2時間

 

なお、昨日は金曜だったので1時間半ストナンをした。いまの私の数少ない娯楽である。

35声かけ、16会話、2オープンという結果。

金曜は比較的女子の反応が良好なのがありがたい、と言っても坊主ですが・・

まあ、週末に街をウロウロするだけで楽しいっすね。

 

ということで、さすがに試験まであと22日という状況なので、さすがに勉強にドライブをかけていく必要があろう。ストナンは終わった後の楽しみということで。ただ、完全に感覚を失わないために、来週も1回だけ出撃して、そこから9/11までは最後の追い込みでストイックな生活を送ろうと思う。ボクサーの試合前の減量に近いイメージでがんばろう。終わったら思う存分遊ぶぞー。

 

おしまい