一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

住むところは大事、金をかけよう

f:id:alonewolf_memorandum:20240408222033j:image

実家を出てからというもの、JTC時代の人事異動などの影響もあり、定期的に引越しをしてきた私ですが、23区内のとある地域に住んで割と長くなる。

一番気に入っているのは、大通りや鉄道、飲食店が近くにないため、騒音で目が覚めた経験が一度もないところである。

加えて、隣人の民度も高いため、ゴミ出しなどのマナーや夜道を歩く時の治安などにも心配する点がなく、とても快適である。

強いて言うと、近くにスーパー・ドラッグストアがないので食料品を買うコストが高いという難点はあるが、逆にそれらがあるということは、ファミリー層が多く住んでいるということにもなるため、トレードオフの観点で仕方ないところでもある。

 

加えて、女子と飲みアポを組むにあたり、複数の繁華街がそれなりに近い(タクシーで2000円くらい)ことも気に入っている点である。

特に一つは徒歩圏内なので、最近はなんやかんや理由を付けて、上手く地元アポへ誘導できるように努力している。

 

こうやって考えると、独身男性が暮らすにはかなり総合力の高い場所に住んでいるのではないかと思う。

都内でもかなり家賃の高い地域の一つではあるのだが、それだけの価値はある。

23区内のワンルームなんて、7万か10万かくらいの違いなので、快適で安全な暮らしを数万の差額で享受できていると思えば、大した出費ではない。

 

こうやって何回か引っ越したのちに定住している身からすると、まずは住んでみないとわからないという点、そして今住みやすくても今後どうなるかわからない(再開発で騒々しくなったり、近くにあたおかの住民が住み着いたり等)ことを考えると、やはりローンを組んで住まいを固定することはけっこう大きなリスクだと感じてしまうのだ。賃貸がいいよ。

 

余談だが、ここ数週間くらい仕事の難易度が上がっていて、なかなか女遊びの時間が取れなくなってきた。

長い目で見ると、仕事に集中した方が懸命だと思うので、なんとかセ○レとは関係をキープしつつ、仕事に再度比重を置かないといけなそうだ(泣)

なんとかストナンは少しだけでもやり続けたいな。

 

おしまい