一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

酒を飲んで痩せる、ナンパで痩せる

昔から酒を日常的に飲んでいると痩せる傾向にある一匹狼です。

「酒を飲むと太る」と言う人が圧倒的に多いが、私は真逆をいっている。

もちろん、酒を飲んだ時にラーメンやジャンクフード食べたら別だ。それは酒で太っているのではなく、そういう食事によって太っているだけである。

 

以下の記事にあるように、糖質ゼロもしくは低い酒を飲むといい感じに身体が絞られていく。

president.jp

家で酒を飲む時は、味噌汁だけとか、食べても納豆くらいにしており、あとは酒の炭酸によって腹を膨らませるようにしている。

まあ、不健康なダイエット法ではあるが。

 

より健康的なダイエットはストリートナンパだ。

これは純粋にウォーキングにナンパという要素が加わっているだけなので、その分のカロリーが消費される。

コンプラ・トラブル防止観点から、ストナンの際は、連れ出ししない限りはノンアルを貫くようにしており、この分家で酒を飲むより健康的なのである。

大体歩き回っている時間は1時間程度なのだが、街への行き帰りも合わせると、大体1万歩くらいは加算される。これで約300kcal消費される。

 

何が言いたいかというと、ダイエットだけを目的に食事制限をしたり、激しいダイエットをするとなると、そのストレスでなかなか続かないものだ。

であれば、自分の好きなアクティビティ(私の場合飲酒とナンパ)と組み合わせることで、本来苦しいダイエットも捗るということを伝えたい。

人によってはそれが動画鑑賞・ゲーム・読書などのインドア趣味だったり、はたまたヨガやピラティス・サウナなどの運動系なのかもしれないが、そうやって何らかの快楽を得る代わりに、余計なカロリー摂取を防いだり、通常時よりカロリーを消費したりすることで、ストレスなく体重減少が望めるのである。

 

おしまい