一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

【性愛日記】証券会社OL連れ出し(2024/6/13)

昨日は帰宅し仮眠を取ってからいつもの隣町へ出撃。

週2くらいで細々と平日のストナンを続けており、だんだん周りの目が気にならずに声かけできるようになってきた気がする。

 

最初の4声かけは完全ガンシカだったが、5声かけめでほろ酔いOLをピタ止め。

乃木坂にいそうな可愛らしい女子。やはりアプリで知り合える女とはレベルが違う(笑)

証券会社のOLで近くの支店勤務。会社の飲み会帰りとのことで、10杯以上飲んでいるという案件。

終電まで1時間ほどあったので居酒屋打診や路上飲み打診するも、もう完全にでき上がっていることと、翌朝7時台に出勤しないといけないということでグダられる。

 

ただ、めちゃくちゃ距離が近かったため、ワンチャン弾丸即もあるかなと思い並行トークしつつ、これはいけると思いそのまま手をつないで歩くことに成功。

一駅だけ散歩して解散という約束となり、腕を組みながら歩く。

 

話を聞くと、まだ社会人2年目になったばかりの23歳らしいw 道理で若いわけである。若いは正義。

一匹狼の年齢を聞かれたので、31と答えると「全然見えない、イケメン、タイプ」とまさかの回答。

若い女は金髪のホスト系の外見が好きなんかね。

 

ここから怒涛のように口説きにいくが、「とりあえずLINE交換して、次回は家に飲みに来ていいよ」とか「今日が金曜日だったら一緒に帰ってもいいんだけどな」など、なかなか誘ってくる発言をする。このあたりでとりあえずDキスには成功。

15歳くらい下の女子とこんな楽しい時間を過ごせるストナンには、本当に夢が詰まっているな。

その後も20分ほど粘りに粘るも、本当に今日どちらかの家に行くのは翌朝の時間の問題もありNGとグダられる。

 

ひと気の少ない駅のベンチで、手マンを実施、お返しに手コキをしてもらう。

一匹狼側の電車が来たので、電車に乗るよう促され笑顔で解散。

まあ、ゴリ押ししたらワンチャンいけた気がしなくもないが、無茶をしてK察のお世話になるような事態には絶対に巻き込まれたくないのでよしとする。コンプラが何より大事。

とりあえずLINEは交換したので、ダメ元で送ってみるかな。

普通にガンシカくらいそうな女だったのに話しかけてみたら超絶食いつきがよかったので(結局やれなかったが)、やはりストナンはくじ引きだと思い、試行回数を上げていこう。

 

おしまい