一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

「考えるエンジン講座」というウェブサイトが面白い

以前著書を紹介した高松智史さんが運営する「考えるエンジン講座」というサイトが面白い。

kanataw.com

現職では、コンサル出身のメンバーも多く、それなりにみんな賢いので、私のような凡人は頭脳面でついていくのが大変である。

このサイトでは、コンサル業界への転職情報やコンサルタントの働き方、各ジャンルでのオススメの本などが余すところなく掲載されていて、そのエッセンスをかいつまんでいくだけで非常に勉強になる。ボリュームも非常に大きく読み応えがある内容になっている。

 

サイトの閲覧自体は無料なのだが、実際はバックエンドに著者主催の「考えるエンジン講座」という商品があり、戦略コンサル転職希望者や現役コンサルタント向け、論点思考を身につけたいビジネスパーソン向けの有料講座がある。

著者との1対1の面談5回が入って各138,000円という料金体系となっており、考えようによっては安いのかもしれないが、既に高松さん自身が7冊本を出しているので、講座で学べる内容と重複するエッセンスを1冊2,000円弱で学べるだろうと思っている。

日本は流通されている本のレベルが高く値段が安いので、何かを学ぶ際には、高額な商品・サービスを購入すること自体に否定的な意見を持っている(大学受験の予備校のテキストと予備校の授業の関係がまさにそう)。基本的に独学推奨派なのである。

加えて、「考えるエンジンちゃんねる」というYouTubeチャンネルもあり、それらを広告ブロッカーを使って見ることで、十分ではないかというのが私見だ。

 

最近はデビュー作『変える技術、考える技術』を空き時間に読んでいる。

コンサルに転職する気はないがコンサル的能力を身につけたい私にとって、『「暗記」は、凡人を天才にする唯一の方法』と謳う彼の泥臭いスタイルは私立文系の私とは非常に親和性が高いと思っている。

変える技術、考える技術

 

おしまい