一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

最新テクノロジーの波に乗り遅れないこと

f:id:alonewolf_memorandum:20240704071508j:image

新聞やニュースを毎日欠かさず見るメリットの一つが、トレンドワードを把握できるようになることだと思う。

話題になっているテーマは、どの媒体でも積極的に記事として取り上げられ、特集なども組まれることが多いので、自然と頭に残る。

 

ここ数年で言うと、生成AI・宇宙・自動運転・EV・キャッシュレス決済あたりが特に話題になりやすいトレンドワードと言っていいと思う。

ぶっちゃけ、どれもそこまで強い興味というものはないものの、トレンドワードと最新テクノロジーは密接に結びついており、そうした波に乗り遅れないことは強く意識している。

かつてインターネットができた時、それをすぐに活用した人とずっと使っていなかった人との間に大きな情報格差が生まれたのと同様、最新テクノロジーを使わないことにより、損失を被ることをなんとかして避けたいと思っているのだ。

 

先ほど挙げたテーマの中でも、圧倒的にメディアに登場する頻度が多いのが、なんと言っても「生成AI」だろう。

生成AIブームを作り上げたのはOpenAIのChatGPTで、いまだに総合力が高いことは間違いないのだが、しっかりとトレンドを追っていると、実は様々な分野に特化した生成AIが生まれていることがわかってくる。

私の最近イチオシが、上記ポストでも言及されている「Perplexity」という検索特化型の生成AI。皆さんの中でGoogleを使わない人はいないと思うが、ググる代わりに使える生成AIである。

具体的には、Web上の最新情報を自動でクロールして、その結果を参照リンク付きで出してくれるので、時事問題について概要を把握したい時に重宝する。

スマホアプリも提供されており、しかもログイン不要かつ無料で利用できるので、手軽に使うことができる。是非、使ってみてほしいツールだ。

しっかりと情報を得る努力をしていると、こうした世間ではあまり知られていない情報も掴むことができる。

 

ちなみに、イーロン・マスクのすごいところは、生成AI(xAI)・宇宙(スペースX)・自動運転&EV(テスラ)・キャッシュレス決済(PayPal)と、冒頭挙げたすべてのテーマに関わっているところである。

自分も彼の先見の明に負けないよう、しっかりと情報収集を続けたい。

人間はとかく自分の興味のある分野ばかり注目を注ぎがちなので、そうしたことに陥らないためにも、新聞・ニュースを愚直に毎日見続けることが大切なのである。

 

おしまい