一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

【常にトップ】はじめて訪れた方へ

一匹狼の回顧録へようこそ!

 

このブログでは孤独な30代の僕が、異性に困らず、ストレスフリーな人生を生きるヒントを少しでも与えられればと思い開設しました。

一緒に楽しい人生を送っていきましょう!

 

暇つぶしに読んでみてください。

 

このブログの世界観のまとめ記事です。

alonewolf-memorandum.hatenablog.com

  

僕の自己紹介です。

alonewolf-memorandum.hatenablog.com

 

当ブログ、最初の記事です。

alonewolf-memorandum.hatenablog.com

 

 

人生で唯一絶対に後悔しないこと

40年近く生きてきて、人生で唯一絶対に後悔しないことがある。

それは、20代の約3年ほど24時間女のことしか考えずに行動したことである。

 

大学時代に長く付き合った彼女に会社に入ってすぐフラれ、それから非モテ一直線だった私は、とにかくモテたかった。セック○がしたかった。

ある日発売されたばかりの『もう合コンに行くな』を読んで一念発起し、モテとナンパにフルコミット。もう死ぬほどコミット。

合コンの達人 (ベストセレクト)

※『もう合コンに行くな』は絶版になっていますが、私は中古本含め5冊ほど持っております。私の人生を変えた本

 

朝起きてから夜寝るまで、ストナン・クラナン・メール返信・電話・アポ等、とにかく女とセック○するためだけに全体力・気力・時間・金を使い、これだけは振り返っても大成功と言える経験ができたと思う。当時はマッチングアプリなんてものはなかったので、ひたすらリアル世界で出撃を繰り返した。

 

一方、仕事は当然上の空でやっていたので、新入社員時代「優秀」と褒めてもらっていた私だったが、数年のうちに坂道を転がり落ちるように使えない社員になっていった。

サラリーマンとして20代のうちに積み上げられなかったスキル・経験と社内の評価を未だに引きずって、30代でだいぶリカバリはできたものの、それでも社内で微妙なポジションに置かれているのだが、経験人数一桁の非モテで終わるより1億倍よかったと断言できる。

 

遅ばせながら32歳くらいになり、ようやく女に対する執着が薄れ始め、大学時代まで得意だった読書や勉強に時間を割くようになった。相変わらず仕事してねえな。30代前半の頃は少しは仕事してたかな。

あくまで「薄れた」だけなので、たまに新規案件とアポったり、既存さんとマッタリセック○するのは最高の時間である。だが、年々女に対する興味は薄れている。これは、我ながら実に良い歳の取り方だと思っている。

これが35歳まで仕事一本で、それから女一本に乗り換えようと思っても、ハードモードになるのは明らかだ。自分の外見もおっさんになっているし、残っている案件も微妙なのしかいない。個人的な意見だが、男の人生、女→仕事へのシフトが最も満足度が高いのではないだろうか。

多分、あと5年早く女遊びをスタートさせていたら、大学で遊び終わって培ったコミュ力を発揮して一流企業に就職して素晴らしいビジネスマンになっていたかもしれない。ただ、1日でも早くモテに舵を切ったのは我ながら最善の選択肢であったと思う。

 

よって、もし若い人がこれを読んでくれているなら、

・男の人生、女→仕事でいい

・まず『もう合コンに行くな』をブックオフ・アマゾンで買って読め

・今が一番若い。周りの目を気にせず、モテるためにあらゆる努力をせよ

と伝えたい。

 

だが、いつもメッセージいただけるのが比較的同世代と思われる方が多い(笑)。ただ、私と同じアラフォーのおっさん仲間でも今日が一番若いのは同じなので、不審者として警察に逮捕されないよう気をつけてナンパを始めたらいいと思う。今はアプリもいっぱいあるし、恵まれていると思う。

私は40代は読書・勉強をがんばり、それなりに貯蓄をして55歳のちょっと早いリタイアに向けて準備をしていく10年間にするつもりである。リタイア後の数十年は、老衰で本が持てなくなるまで、引きこもって読書をして生きていきたいと思う。

 

おしまい

 

 

セレブ気分を味わいたいなら・・

「EXこだまグリーン早特」を使ってみよう。

expy.jp

 

たまーに新幹線に乗る機会がある。

チケットの事前予約にはもちろんEX予約を使う。ネットで簡単に予約できるうえ、予約している列車の発車4分前までなら何度でも予約を無料で変更できる超便利なサービスである。しかし、繁忙期になると、窓口・券売機に延々と並んでいるアホの子たちがいる。なんという情弱なのか。

 

さて、そんなEX予約にグリーン車にお得に乗れるサービスがあることに先日初めて気がついた。上述の「EXこだまグリーン早特」である。なんだ、私も情弱じゃないか。

3日前までの予約という縛りがあるものの、たとえば東京⇔名古屋間であれば9170円と、正規料金(14750円)より5580円もお得に乗れるのである。これ、普通車指定席の正規料金よりもはるかに安いですからね。

f:id:alonewolf_memorandum:20230114025221j:image

 

グリーン車の特徴。

本来5席あるスペースに4席しかないので、ゆったりと座れる。

加えて、電動リクライニング・シートヒーター・読書灯などが設置されており、軽くセレブ気分を味わえる。

ネックは当然だがこだま(各駅停車)なのでとにかく時間がかかる。だが、私はスマホiPad・パソコンさえあれば延々と時間が潰せる気質なので、大したデメリットはない。それより、ガキが騒ぐファミリー連れやモラルの低い学生グループが近くに座る方がよっぽどストレスの原因になる。

特に、最近は完全に人流が戻ってきたので土日はかなり席が埋まっていて窮屈な思いをすることもある。

そう考えると、自分の中ではのぞみの普通車<<こだまのグリーン車というのは崩れない方程式だと思う。

 

まだ、1回しか乗ってないが

「ワタクシ、新幹線はグリーン車にしか乗らないんで(デュフフ)」

と調子に乗った発言をし、上司・同僚に嫌な顔をさせている(笑)

そんなくだらないマウンティングもできるので(大半の区間で普通車指定席よりも安いので本当はマウンティングもクソもないが)、セレブ気分を味わいたいなら「EXこだまグリーン早特」を使ってみるとよい。

 

おしまい

 

 

社内セミリタイアという選択肢

55歳で退職して老後を楽しみたいと思っていたのだが、死ぬまでに必要な金融資産の金額を調べてみるとなかなか厳しそうだ。最低でも5000万円は必要と見られ、なかなかキツい。

夢見ている生活は、朝目覚ましをかけずに起き、午前中軽くジョギングかプールで泳いでから、日中は読書をひたすらして、夜は酒を飲んで寝落ちするという生活を夢見ているのだが、少なくとも60歳までは働かないといけないというのが相場になりそうだ。

 

その代わり思い立ったのが、「社内セミリタイア」をするというプランである。自分の勤務先であと何年今の給料体系が維持されているかはわからないが、私の勤務先は、今の私の役職であれば、どれだけサボって最低ランクのウンコ野郎評価を受けても年収800万円は固い(降格がない素晴らしい制度のため)。さらに、もう一つの選択肢として恥を捨て一般職に転換するという選択もありだ。それでも500万円くらいは約束される。

 

起業・副業で500万円稼ぐのはめちゃくちゃ大変だと思うが、私の勤めるJTCなら定時帰宅で簡単な事務作業をして500万円確定である。

そんなセミリタイア状態で数年過ごし、金融資産を温存・運用し、数年後に本当のリタイアを迎えるという算段である。というか、年収800万円なら55歳と言わず50歳で迎えても悪くないなという気にすらなる。

 

実際、現状でもこんな社員を多数抱えているのでJTCの業績が苦しいのだろうが、あと15年くらいはこの組織構造が保たれるだろうと思っている。800万円が600万円になったり、500万円が400万円になる可能性は多いにありえるが、それでも社会保険が労使折半であることなど考えれば破格の待遇であると思う。

そして、私の勤め先のようなJTCの素晴らしいところは、年齢が高いと役職関係なくこき使われないというところである。外資となるとそうもいかないと聞く。日本人の気質が10年、15年で激変するとは考えられないので、そろそろ心の定年を安らかに迎え、内心退職したような気持ちでダウンシフトして生きていこうと思えば、極めて気楽である。

 

おしまい

 

 

睡眠がストレスの大半を消し去る

f:id:alonewolf_memorandum:20230121092555p:image

ストレスのない人生には健康的な生活習慣が大事と言われる。生活習慣には、食事・運動・喫煙・飲酒・睡眠といったさまざまな日々の習慣が含まれる。

最近、今更だがこの中でも何より睡眠が心身の健康(特にメンタル)を保つ上で最も重要なファクターであると感じることが増えてきた。

 

「睡眠が大事」なんてことは、それこそ小学生の頃から散々言われ続けていていることだが、サラリーマンをしていてよく寝ていることを公言すると、もっと仕事しろとか、あいつは身体が弱いとか、無趣味な可哀想なヤツみたいなイメージと結びつけられ、なぜか短時間睡眠がよしとされる風潮がある。

また、広告でも筋トレとか栄養素とかそんなものばかりが推される傾向にあるが、これは睡眠があまり消費者から金を引き出せないからだろう。まあ、安眠グッズみたいなものは世に出回っているが、一年に何回も買うようなものでもないし、毎日の睡眠自体1円も生み出さないからね。

逆に考えると、毎日の睡眠から快楽を得られたら金のかからない最高の趣味になりうるな。読書とか勉強くらい睡眠を極めてみるか。

 

小学校高学年くらいからかれこれ30年近く不眠症気味の私だが、ここ2〜3年はまあまあ長い時間眠れるようになってきた。ずっと生まれつきだと思っていたのだが、どうやら物事に対して神経質になりすぎていたらしい。仕事を一生懸命やるのをやめて好き放題生き始めたら、だいぶ眠れない夜というものが減った。とはいえ、黒柳徹子とか武井壮みたいに分割睡眠傾向(3時間×2が多い)にあるのでこれが治るといいのだが。

 

睡眠の質を上げようみたいな言説は多く見かけるが、とにかく量を取れみたいな話はほとんど効かない。ただ、良質の5時間睡眠よりダラダラ8時間寝るほうが個人的には体調が良くなるので、量の確保を意識しようと思っている。

日々の生活の中で食事と風呂はカットしうるなと。食事は菓子パン食べて30秒で終わらすとか、風呂入らず顔だけ洗って寝るとかそんな感じで時短して睡眠を確保する。あ、もちろん朝シャワーは浴びます。

平日も目覚ましなしで起きれる日が2/3くらいになってきたので、この調子でストレスフリーな人生にまた一歩近づきたい。

 

おしまい

 

 

毎日「楽しい時間」を作るために

日本人はあまりに我慢しすぎる。

例えば「ご褒美」がそうだ。ポジティブな響きを覚える方も多いかもしれないが、私は「ご褒美」という発想がいかにも社畜っぽくて大嫌いである。

キツい仕事を睡眠不足の中で無理やり仕上げ、ようやくひと段落した暁に、溜まりに溜まった疲労・ストレスを海外旅行・高級レストラン・ブランドモノにお金を使うことで一気に発散させるようなイメージが「ご褒美」にはある。あれは抑圧された労働者のライフスタイルである。

 

そうではなく、私は毎日を楽しい時間にする。もう少し正確に言うと、毎日楽しい時間を意図的に作る。そうした毎日の幸せの蓄積が最終的な人生の幸せにつながっていくはずだからだ。

そのために、朝起きてパソコンを立ち上げる前・シャットダウンしてから寝るまでの間は基本的に仕事のことは忘れて自分のやりたいことをする。

幸い、私はニュース・新聞を見たり本を読んだり勉強したりするだけで、とても幸福な気分になれるので、幸福タイムへの切り替えが一瞬でできる。

毎日仕事の終える時間を決め、よほどの緊急事態でない限り、その時間が来たら仕事をスパッとやめる。それだけでやりたいことができるので幸せ度数が上がるのだ。明日できる仕事は明日やったらいいのである。

ホリエモンのように仕事を楽しめる人であれば寝食を忘れて仕事に没頭すればいいのだが、私のような大半の凡人にとって仕事はストレスの溜まる苦痛でしかない。だから、非常にシンプルな話になるが、特に仕事で自己実現をしたい等の目的がない人は仕事時間の極小化にフルコミットしたらいいのだ。そうすれば自ずと睡眠に回す時間も増えて、心身ともにさらに健康になる。素晴らしい正のサイクルである。

 

なんだかこう言うと不真面目なサラリーマンという印象を持たれがちだが、勤務時間のお尻を決めておくと同僚とダラダラ話す時間も減るし、限られた時間を優先順位を付けて投下するので、結果的にパレートの法則(結果の80%は、全体の20%の要素によって生み出されるとする法則)が発動され効率よく仕事が回るし、心に常に余裕をもってニコニコご機嫌で仕事をしているので役員・部長からも可愛がってもらえる。職場の雰囲気を壊すこともない。ダラダラ仕事しないので残業代を払う必要もない。極めて健全な社員ではないか。

 

というか、最近はパレートの法則どころか、従来の1割くらいの労力で7割くらいの結果を出せている気がする。ネオ・パレートの法則とでも名付けようか(笑)。とにかく、1年365日私はいかに仕事の時間を短くするか頭から湯気が出るほど考えて生きているのである。

歴史を振り返ると、楽をするために文明は発達してきたのである。アラフォーになり周囲からの同調圧力も年々弱まってきているので、いけるところまでJTCの終身雇用にしがみついて、若い頃の安月給激務の回収を進めていきたい。

もちろん、それとは別にスキルアップはやっていく。いつ社外に出ても大丈夫な準備はしておく。私にとってそれは「楽しい時間」に入る。

 

おしまい

 

 

一匹狼の本棚②(6~10冊目)

一匹狼の本棚(紙の本)紹介、6~10冊め。

 

6.『「スネ夫」という生きかた』横山泰行(2012/8/27)

「スネ夫」という生きかた

20代の頃は社内でも「世渡り上手」と言われ「リアルスネ夫」というあだ名と社内で呼ばれるほどだった私。どうせならガチのスネ夫キャラになってやろうと思い、スネ夫というキャラクターを分析するため購入。

スネ夫のホメ力・モテ力・トーク力などを実際のマンガのシーンを引用しながら説明されていく。子供の頃に『ドラえもん』は大長編含め読破していたので「あー、あのシーンね」と思い出しながら楽しく読めた。

本の中で紹介されるトヨタの実写版ドラえもんCMが放映されたのは2011年らしい。流行りましたよね。みんな若い。


www.youtube.com

 

7.『後輩力』入江慎也(2012/6/29)★電子版なし

後輩力 凡人の僕が、友だち5000人になれた秘けつ

同じく処世術系。10年前は真面目にサラリーマンとして頑張って行くつもりだったらしい。数年前、闇営業問題で干された入江慎也が、会社・学校・サークルなどで後輩として上手く立ち回る方法について記した本。「後輩力マナー講座」という章があり、「ごちそうさまでした」を2回言うとか会議の席次の臨機応変対応方法など、普通にサラリーマンとして役立つノウハウが書いてある。

 

8.『仕事は“6勝4敗"でいい』出口治明(2012/8/7)★電子版なし

仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50

ライフネット生命社長(現立命館アジア太平洋大学学長)の出口治明氏の仕事哲学が学べる本。「仕事は楽しくないもの」「仕事を続けられればよしとする」「仕事なんか人生の2、3割」など、辛い時に読んで救われた本でもある。『僕が大切にしてきた仕事の超基本50』というタイトルで新版が発売されている模様。

 

9.『「働き方」の教科書』出口治明(2014/9/18)

「働き方」の教科書: 人生と仕事とお金の基本 (新潮文庫)

同じく出口治明さんの仕事哲学の本。こちらも仕事哲学系の本なので『仕事は“6勝4敗"でいい』と重複している記載も多かった。20代、30代、40代、50代でそれぞれ何をすべきか記載があるのが特徴。初めて読んだ時はまだ30前だったので、部下のいる今読むとまた違った気づきが得られそう。

 

10.『7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】』ショーン・コヴィー(2014/5/30)

7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】

7つの習慣』の10代の子供向けの本。学生生活・家族生活の場面を切り取って7つの習慣を学ぶ。こんな人格のできた子供がいたら普通に怖いけど、実践できたら気遣いもできてメンタルも安定した最強の10代になれる。実際にいたらモテモテだろうな。

450ページに及ぶので並の子供が読める内容ではなく、大半の大人も理解できない気がするので、これが難しければ前回紹介した『13歳から分かる! 7つの習慣 自分を変えるレッスン』を読むといいだろう。

 

おしまい

 

 

一匹狼の本棚①(1~5冊目)

今日からReadeeアプリを使って紙の本の蔵書リストの作成をしていこうと思います。

中には10年以上前に買った本もあり、Kindle本もなかったりと、購入した当時が思い出されます。

 

1.『13歳から分かる! 7つの習慣』「7つの習慣」編集部(2020/6/25)★電子版なし

13歳から分かる! 7つの習慣 自分を変えるレッスン

ティーブン・R・コヴィー氏の自己啓発本のベストセラー『7つの習慣』を13歳(中学生)でもわかるような簡単な文章とストーリーでまとめた本。よくまとまっている。いつか自分の子供に読ませたい。

 

2.『13歳から分かる! プロフェッショナルの条件』藤屋伸二(2021/4/25)★電子版なし

13歳から分かる! プロフェッショナルの条件 ドラッカー 成果を上げるレッスン

1のドラッカー版。『7つの習慣』と違って原著が退屈で読みきれなかったので参考になった記憶が。「弱みを克服する必要はない」とか「行動記録をつけてムダな活動を見つける」とかけっこう付箋つけてますね。でも、内容あんまり覚えてないな・・、元々ドラッカー思想があまり肌に合わないからかも。

 

3.『「伝説の社員」になれ!』土井 英司(2007/4/17)★電子版なし

「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー

ご自身をカルロスゴーン・大前研一藤田晋と同列に置いて語るあたりがスゴいのだが、中身はありきたりなビジネス書。精神論メイン。

年収は「給料+授業料」とか「24時間働く覚悟」とか今の時代には合わないと思われ。

はるか昔新入社員時代に買ったようだが、なんで買ったのかな・・

 

4.『ワークライフ“アンバランス”の仕事力』田島 弓子(2008/11/19)★電子版なし

ワークライフ“アンバランス”の仕事力

働き方改革前夜の本。目の前の仕事に寝食を忘れてのめり込めば成果・スキルが手に入るという言説。もはや、時代遅れか。

私自身毎朝7時に出社して夜中に帰宅していたので、こういう本を読んでモチベーションを維持せざるを得なかったものと思われる。悲しいね。

 

5.『要領よく出世する人』村上 賀厚(2015/2/27)

元・外資系人事部長が見た 要領よく出世する人

本社の企画部門でバリバリやってた意識高い系の頃に購入。「実力だけでは出世できない」とか「中庸を意識する」とかその通りやなって感じ。現実的なことが書いてあります。もはや、興味ないけど。

 

おしまい