一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

【常にトップ】はじめて訪れた方へ

一匹狼の回顧録へようこそ!

 

このブログでは孤独な30代の僕が、異性に困らず、ストレスフリーな人生を生きるヒントを少しでも与えられればと思い開設しました。

一緒に楽しい人生を送っていきましょう!

 

暇つぶしに読んでみてください。

 

このブログの世界観のまとめ記事です。

alonewolf-memorandum.hatenablog.com

  

僕の自己紹介です。

alonewolf-memorandum.hatenablog.com

 

当ブログ、最初の記事です。

alonewolf-memorandum.hatenablog.com

 

 

自己啓発書の3類型、どれも大事。

ワタクシはビジネス書マニアです。

大学時代に友達がいなかったので、ひたすら図書館で本を読んでいました。

その頃からビジネス書の類は大好きでした。

 

僕がよくブログで言及する自己啓発書はそんなビジネス書の一分類です。

ビジネス書のジャンルをざっくり分類すると、経営理論・マーケティングファイナンスなどの経営系、日本経済・世界経済・金融などの経済系、仕事術・時間術・勉強法などのビジネススキル系、投資や資産運用などのマネー系、心理・歴史などの教養系(これは厳密にはビジネス書ではないかも)、そして自己啓発成功哲学に分けられるのではないかと思います。

あくまでこれは僕の分類で、本屋とかによって違ってくると思います。

 

そして、自己啓発書の中でも、その内容によってさらに大きく3つに分けられると思います。

自己肯定感を上げたり、背中を押したりする「悩み解決系」

人格や社会性を磨いて、よりよい人間関係を構築していく「誠実系」

そして、独立して経営者になったり、お金持ちになりリタイアしたりするのを目指す「ギラギラ系」。これは半分マネー系に分類してもいいかもしれません。

 

社会人初期にはウツだったので『道は開ける』などの「悩み解決系」を読みまくってました。あと最近では『嫌われる勇気』などが定番ですかね。

メンタル的に安定していないと、社会生活が営めませんから、メンヘラな感じならまずこれらを読まないとあらゆる物事のスタートラインに立てません。また、精神的に追い込まれそうになった時に取るべき対処法を事前に知っておく意味でも、一読の価値はあると思います。

 

 

 

続いて、20代後半は『人を動かす』『7つの習慣』など誠実系の自己啓発書を漁って読んでいました。まだこの頃はサラリーマンとして会社に貢献したいと本気で思っていたので、人格者を目指していました(笑)。今でも大好きな本が多いです。

 

 

一方『金持ち父さん貧乏父さん』とか『思考は現実化する』などは、アンチサラリーマン全開で、さらに大嫌いなネットワークビジネスでよく用いられているので、長らく避けていたのですが、2〜3年前からサラリーマンを徐々に脱力モードにして、自身のビジネスを回していきたいと決意してからは大好きになりました。

 

 

結局、自己啓発書を読んでると言うとバカにされるので、読んでいることをリアル社会では伏せているんですが、どれも必須だなあと思うんですね。みなさん口に出さないだけで、成功者は絶対メジャーどころは抑えているはずなんですよ。

サラリーマンとして洗脳されないために経営者マインドやお金の知識は必要だし、自身のビジネスを持つにしたって関わる人々とのコミュニケーション能力は必要だからです。あと、さっき言ったとおり安定したメンタルなんて当たり前にないといけないですしね。

 

さて、最近僕がハマってるのは神田昌典さんの『非常識な成功法則』です。

ザ・ギラギラ系でめっちゃモチベーションが上がるので繰り返し読んでいます(^o^)v

 

読んだだけでは何も変わらないので、もちろんその日からできることは実行。毎日これの積み重ねのみ。

少しずつ、自分の取り巻く環境が変わってきていると実感しています。

スモールビジネスについても、いよいよ少し具体化できそうな絵が書けつつあるので、こちらも焦らずに進めていきたいと思います。

 

おしまい

 

 

非モテ時代の誕生日の夢

今日昼寝していたら辛い夢を見た。

昔の誕生日を回想する夢だった。

たしかあれは24歳の誕生日だったと思う。

 

ブラック労働&非モテ全盛だった僕は当然何も予定などなかった(若干ウツだったし)。

「家に帰っておいで^ ^」

というメール(当時はLINEなどまだなかった)を母親がくれたので、実家に帰ることにした。

この日のために母が用意してくれたチョコレートケーキと高級な紅茶が出てきた。

 

食べ終わると、同僚や大学の知り合いは皆恋人や友達と過ごしているのに、、と無性に泣きたい気持ちになってきた。

 

なんとなく家にいるのが嫌になったので、

「そういえばコンタクト切れそうだから買ってくるわ」

と言って近くのアイシティへ向かった。

 

いつものコンタクトを注文すると、

「あらー、今日お誕生日だったんですね!クーポンありますから、割引しておきますね!」

と笑顔で店員に言われた。

 

「これからどちらか行かれるんですか?」

と、聞かれるのが怖かったので作り笑いを浮かべて下を向いていた。

 

帰り道、

違う、俺が求めていたのはこんな人生じゃない・・

自分に腹が立って泣きたかった。

 

それから間もないうちに、いくつか悔しいイベントも重なり、トムというナンパの師匠と出会い、夜の街に繰り出すこととなった。

1年もしないうちにクラブナンパから初の即を決め、数年後には経験人数100人を達成していた。

 

「たった3年で人生は変わる」

これは間違いない。ワンダイレクションが以前ドコモのCMで言っていたとおりだ。


One Direction (1D) - Docomo - Japan CM - pub Japon

 

当時を思い出して思うことは4つ。

 

ひとつ、何の魅力もない僕を変わらずに愛してくれた母親がやっぱり大好きだということ。

もう高齢なので、こまめに会って親孝行したい。

 

ふたつ、とにかく動いてみないと人生は変わらないということ。

あの時、モテるためにガムシャラに努力しなかったら今でも非モテのままだっだと思う。

 

みっつ、周りの声に惑わされないこと。

ナンパしていると言うと、「みっともないからやめろ」「お前になんて無理だ」と言われた。

イヤ、やってみたら全然無理じゃなかったよ。お前は未だに非モテのままじゃないか。

 

よっつ、何かを得るためには何かを失うということ。

僕は、女を得るために金と時間を犠牲にした。

そこから10年ほど読書がほとんどできず、ボンヤリした頭になってしまった。

 

今はとにかく資産運用や成功哲学について学び続け、周りの雑音に惑わされずに実践していきたい。

 

おしまい

 

 

勉強のために酒を(ほぼ)やめている

思い返せばブラック労働時代(〜2018.3まで)は日々蓄積するストレス解消のために、毎晩浴びるように酒を飲んでいました。

量・質ともに実に良くない酒の飲み方で、一杯290円の赤提灯で上司や同僚の悪口で盛り上がりながら、ほぼ毎晩終電(時に2時〜3時まで)帰り、そして翌朝は7時前には会社に行くという日々でした。

多分、この時代に寿命が数年減っていると思います(笑)。

 

その後、人間関係でトラブルがあり、幸いにもホワイト部署に左遷されてからというもの、飲酒量はかなり減っています。

最近では仕事にも慣れ、ストレスが激減しているのと、加えて30代のうちに自分のビジネスを始めるという明確な目標があるので、自分の中で酒をやめるという選択はごく自然なものになりつつあります。

 

とはいえ、ジョンレノンが「地球上の人間の90%は土曜のウイスキー瓶から生まれてきた」という名言を遺したとおり、女の子とセック◯をするために酒は欠かせないのは言うまでもなく、女の子と飲みに行く日はお酒を解禁しています。とはいえ、適量に抑え、水をガッツリ飲んでから寝るように心がけています。

 

現在は「酒は美味しいけど別に飲まなくてもいい」という精神的・肉体的状態を維持できていて、 コンビニやスーパーの酒コーナーの前も何の誘惑も感じずに素通りできるようになりました。

ここのところは、かれこれ10日くらい飲んでいないんですが、ここまで開いてくるとアルコールが完全に身体から抜けて、もはや飲みたいという感情すら起きなくなります。

ノンアルコールビールをビールに見立てたり、サイダーをハイボールに見立てたりして、家で本を読むだけで充分満足できます。

 

酒を飲むと飲み始めた時間(大体18時〜19時くらい)以降、その日は生産的な活動がまったくできなくなるので、寝るのが0時としたら5〜6時間の損失なわけです。これってけっこうデカい時間ですよね。

本は一冊読めるだろうし、資格試験の問題集も数十ページ進められます。

家では飲まずにひたすら自己研鑽を行い、そもそも女の子と飲みに行く回数を減らしたり、行くにしても遅めのスタート(21時スタート)にするよう意識しています。

 

まあ、控えめに言っても、飲まない日の翌日のコンディションは飲んだ日よりは遥かに良好ですしね。
と、ここまで書いてきためのの、酒に関してはそんなにストイックにやるつもりもないので、気が変わって一人でも飲みたくなったらきっとまた飲み始めるのだと思います。

ただ、今は勉強意欲が勝っていて、これはこれで非常に好ましい環境だとは思うので、継続していけたらと漠然と思っている今日この頃なのです。

 

おしまい

 

 

「金持ち父さん」オフィシャルサイトのススメ

最近は女遊びそっちのけで読書&勉強に勤しんでいるワタクシ一匹狼です。

2~3年前まで、10年近くの間、女最優先で過ごしてきたので、頭脳的な成長が止まっておりました。

女はけっこう簡単に抱けるようになったので、もうホドホドでいいかなーという感じになっています。

次は「自身のビジネス」と思い、本業を疎かにしながら必死こいています。

とにかく、サラリーマンの昇進や昇給も頭打ちになってきたので、30代のうちに収入を複線化したいと思っているんですね。

 

それで、僕がマネーリテラシーを本格的に学んで、不動産投資家への道を志すきっかけになったのがかの有名なロバート・キヨサキ先生の『金持ち父さん貧乏父さん』です。

 

本書はお金持ちになるための思考を学べる良本なのに、アム◯ェイなどネットワークビジネスの勧誘に使われているのが腹立たしくて仕方がない。

さて、実は「金持ち父さん貧乏父さん」には、日本版の公式サイトがあって、これが実に素晴らしいのでご紹介したいと思います。

リンク:「金持ち父さん 貧乏父さん」日本オフィシャルサイト

 

サイトの構成

サイトでは、ロバート・キヨサキのプロフィール紹介、書籍・キャッシュフローゲーム(ボードゲーム)・月額330円のサブスクの案内に加え、コラム・経済的自由への旅(金持ちになるためのステップ)、金持ち父さんの用語集が無料で見れます。

 

オススメポイント1(コラム)

まず、無料で見れるコラムがロバートキヨサキ信者にはヨダレものの内容になっています。

1記事あたり1テーマ、600~1000文字程度で、金持ち父さんシリーズに出てくるエッセンスがまとめられています。

シリーズを一通り読んだ人には、復習にもってこいでしょう。

また、これから金持ち父さんシリーズを読む人も一番古い記事から読んで行けば重要概念を掴んでいけると思います。

特に、金持ち父さんシリーズは2021年2月現在電子書籍化されていないので、いちいち本を引っ張りださなくてもスマホで手軽に内容を確認できるのがとてもいいです。

 

オススメポイント2(経済的自由への旅)

オススメポイントの2つめが「経済的自由への旅」という、金持ちになるためにマスターするべき基本的な思考や具体的に踏むべきステップが示されています。 

資産・負債とは何か、キャッシュフロー・クワドラントとは何かといったシリーズを通して語られる基本的な定義をここで再確認し、経済的自由を達成するための具体的なプランを作成します。

ここでは、自分の財務諸表を管理しようという話が載っており、これに触発されてワタクシも毎月自身の決算書を作成しております。家計簿もこの財務諸表作成のためにシコシコと毎日つけているのです。めっちゃお金貯まるようになりますよ。

PDF版が添付されているので、それを使ってもいいし、僕のようにエクセルで似たようなものを作成してもいいと思います。

 

オススメポイント3(金持ち父さんの用語集)

オススメポイントの3つめは用語集です。

キャッシュフローゲームに登場する用語の解説が掲載されています。

実際にキャッシュフローゲームを購入しなくとも、このレベルの知識が金持ち父さんシリーズを読み進め、金持ちになっていく過程で必要になるということがわかります。

特に、金持ち父さんシリーズでは、各経済用語に関する具体的な説明は皆無ですので、自身で別の形でマネーリテラシーを高めていく努力が必要になります。

 

このように、無料でも充分楽しめるコンテンツとなっていますので、ロバート・キヨサキ先生のファンはぜひ閲覧してみてほしいと思います。 

 

おしまい

 

 

歴史を勉強して、自分のちっぽけさを知る

今日は先ほど公開されたホリエモンYouTubeチャンネルの最新動画が良かったので紹介します。

 


どうしたら堀江さんのように修羅場でも前向きでいられますか?

 

ホリエモンのメルマガのQ&Aコーナーの質問に対する回答ですね。

動画にテロップが出ているので引用しちゃいます。

 

Q:どうしたら堀江さんのようにいつも冷静で前向きでいられるのか教えて下さい。特にライブドア事件では理不尽な判決で投獄され、育て上げた会社を潰され、財産もほとんど全部取り上げられ… と相当修羅場だったと思います。それでも獄中からメルマガを欠かさず発行し、本を1000冊読み、新たに本まで出版… と凄く前向きです。自分は環境が悪くなるとすぐネガティブな考えで頭が一杯になり鬱状態になってしまいます。何か秘訣があればお願いします。

A:歴史を勉強すれば自分よりもはるかに理不尽なことをされている、才能があって素敵な人たちがたくさんいることを知ることができるので、「自分なんか大したことをされてない」って思えますよ。

  

これは僕もメルマガを購読してるので、生で見ていたんだけど、とてもいい回答だと思っていました。

「手取り14万?お前が終わってんだよ」と言って炎上しているホリエモンと違い、いい意味でホリエモンぽくない優しい回答。

 


「手取り14万?お前が終わってんだよ」について解説します

 

たびたびこのブログにも書いていますが、僕は幼少の頃父から「今の日本に生まれた時点で、半分勝ったようなものだ」と言われていました。

確かに日本以外に目を向ければ、独裁国家や内戦をしている国なんて山ほどありますし、歴史を紐解くと、切腹させられたりとか斬られたりとか暗殺されたりとか、戦争中なんて爆弾落とされていきなり殺されたりしてましたからね。

そういうことに比べたら、僕が死ぬほど根に持っている左遷の件(もはや半分会社でもネタにしてますけど)も全然大したことないなーと思えます。

 

・外的な状態がどうであれ、与えられた環境の中で最大限楽しめばいい。

・そうなった理由を後悔しても仕方ない。

・そして、その前提は健康であること。

 

ホリエモンは動画の中でこのように言っていました。

自己啓発書とかでよく聞く当たり前のフレーズではあるんですが、改めて意識して過ごそうと思いました。 

忘れないためには、日記や手帳に書いて毎日読み返すのがオススメです。

 

やっぱりホリエモンの思考はすごい好きですね。

ぜひ、彼の思考を学べるメルマガを取ってあげてほしいなーと思います。

horiemon.com

 

関連記事:ホリエモンのメルマガに登録してみたよ

 

おしまい

 

 

書評『ガチ速決算書入門』金川顕教

今日ご紹介するのはこちらの本。

 

ガチ速決算書入門
★★★★☆

  

ロバートキヨサキ先生の『金持ち父さん貧乏父さん』でファイナンシャル・インテリジェンス(お金に関する知性)を形作るのは次の4つの専門知識だと言っています。

それはすなわち、

1 会計力
2 投資力
3 市場の理解力
4 法律力

の4つです。

何か自分のビジネスを持つにしろ、何かに投資して富を築くつもりであるにしろ、これら4つの知識を組み合わせた基本の土台が必要となるとされています。

 

僕もこの4つ能力を日々自己研鑽して高めていきたいと思っています。

この中でも会計力とは、まさしくファイナンシャル・リテラシー(お金に関する読み書き能力)であり、財務諸表を見て、書いてある数字が何を物語っているのかを読み取る能力を指します。

元々簿記などの勉強もしていたし、大学で会計を専攻していた人ほどの知識はないにしても、一般人の中では会計に関する知識はある方だとは思っています。

それでも、今の仕事では、日常的に決算書を見るような機会がほとんどなく、しばらくの間会計力を高める努力をしようと思っており、休日1日でサクッと復習できそうな書籍を探していたところ見つかったのがこの本でした。

 

ちなみに、この金川顕教さんという著者の紹介を簡単にすると、偏差値35の底辺校から2浪の末立命館大学に入学という苦労人。そこで満足せず、入学してすぐに公認会計士試験の勉強を始め、在学中に公認会計士試験に合格。大学卒業後は、監査法人トーマツに就職され、2013年に独立し、現在は会社7社のオーナー業の傍ら、起業家育成プロデュース、出版プロデュース、執筆活動等を営み、毎年1億円以上の収入を得ているという感じです。まあ、普通にすごい人ですよね。

しかし、ネットで検索すると、高額の塾やセミナーを主催されるなどやや拝金的・宗教的なところがあり、しかも塾生に書籍のレビューを書かせるなどといった黒い噂もあります。たしかに明らかにレビューの分布が5に偏りすぎてるのが笑えるのですが、もともとアマゾンのレビューなんて話3割くらいに読んだほうがよく、それを割り引いてもわかりやすい本だったと思います。

また、以前金川さんの『ひとりでも、君は生きていける。』という本は、会社で干されている時に読んでとても勇気づけられた思い出があります。

 

さて、前置きが長くなりましたが、本書はその名のとおり決算書の入門本で、損益計算書(P/L)・貸借対照表(B/S)・キャッシュフロー計算書(C/F)の基礎知識を80分間で身につけようという趣旨のものです。 

あ、僕は80分では読めませんでした。3時間くらいかかりましたかね(笑)。

基礎の基礎に徹していてサクサク読めるのと、図表が多く大変わかりやすかったです。

個人的には、それぞれ各章の後半に「こういう特徴があったらこの会社は安全(危ない)」という具体例が豊富だったので、それが非常に実践的で、今後決算書を読む際の参考になりました。

読了後に早速興味がある何社かの決算書を読んでみましたが、概ね(7~8割)書いてあることは理解できるようになりましたね。

 

多分この1冊だけでは全然知識として足りないんでしょうけど、これから自分のビジネスを作る人は帳簿をつける必要があるし、サラリーマンの人でも自分の会社の決算書くらい読んでおいた方がいいと思うので、まず最初の1冊として手に取る本としてオススメです。

あと、ある著者の信者になっても、高額の情報商材には手を出さず、書籍を全部購入するくらいにとどめておいた方がいいと思います。本であればいくら購入しても傷は浅いですから(笑)。

 

おしまい

 

 

書評『北朝鮮脱出』姜哲煥・安赫

今日紹介するのは、僕が大ファンである不動産投資家の加藤ひろゆきさんが以前Voicyで紹介されていたこちらの本。

 

北朝鮮脱出』
★★★★☆

 

既に絶版になっており、アマゾンやブックオフで中古品を購入するしか入手する方法はありません。

 

本書は、北朝鮮から中国経由で韓国に脱北した2名の青年の話です。時代は1980年代の話なので、今とは少し時代背景が違うかもしれません。

著者の一人、姜哲煥は、9歳の時に日本からの帰国者の祖父がある日突然いなくなったと思ったら、「わが民族と祖国にぬぐい去ることのできない罪を犯した」とされ、家族とともにある日突然ヨドク政治犯収容所に収容されます。 

もう一人の著者である安赫は、裕福な家の息子で、好奇心に駆られて遊び仲間と共に中国に入り、そのまま数ヶ月間暮らした後に北朝鮮に帰国。何をトチ狂ったか自ら自首しに行き、間もなくスパイ容疑で逮捕されます。ちょっと頭が弱い・・。

前者は、まさしく事実無実の罪で投獄され、祖父ものちに無実を匂わせる描写があります(それによって本人も釈放された模様)。

後者は勝手に中国に行き、勝手に自首して収容されるという自業自得な面ありで、やや同情に欠けます。

 

上巻の副題(「地獄の政治犯収容所」)のとおり、とにかく北朝鮮強制収容所の筆舌に尽くし難いほどの劣悪な環境がわかる本です。それ以上でもそれ以下でもありません。

特に、たびたび出てくる非道の限りを尽くした拷問と飢えを凌ぐために様々な虫を捕まえて食べる描写がショッキングです。

 

まあ、この本の正しい使い方は、「日本に生まれただけで勝ち」という事実を再認識することでしょう。

われわれは、実にちっぽけなことで毎日怒ったり悲しんだり悩んだりしていますが、この本を読んだらそのうちの99.9%は吹っ飛ぶはずです。

まさしく「下を見ればきりがないが、上を見るとすぐ天井」なのが日本なのです。

 

にしても彼らの知り合いの15号収容者(ヨドク政治犯収容所に収容された者たちの呼称)が釈放後に次々と再収容されていく中で、「自分たちも時間の問題」と悟るや否や、実際に行動し、そして脱北しちゃう行動力がすごいです。そこで動かなかったら、彼らも再収容され、二度と出てこれなかったでしょうね。

前述のとおり、安赫さんの方は若干頭が弱いんですが、釈放後も周囲からの差別により社会に馴染めず、家族も崩壊していく中で、「何がなんでも国家に復讐してやろう」という決意が芽生えていく過程に心を揺さぶられるものがありました。

そして、捕まった瞬間人生ゲームオーバーというまさしく命がけの賭けに出て、安赫の昔のヤクザ仲間の支援もあり(このシーンはちょっと感動)、見事に国境の川を渡り切るんですね。

 

ワタクシも何がなんでも今の勤め先に復讐しないといけないので、表向きは従順な社畜をよそほいつつ、甘い汁は吸いながら、自分のビジネスをコツコツ作っていきたい思いました。良作です。

 

おしまい