一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

【書評】『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』に学ぶ自己愛の重要さ

今日はGWということもあり息抜き感覚で読める本を。

「現代ホスト界の帝王」と言われるローランド様が書いた一冊『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』をご紹介。

 

 

 

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

 

 

まずはじめに、僕はこの現代ホスト界の帝王、ローランド様を知らなかった。「俺か、俺以外か」という挑発的なワードとカッコいいと認めざるをえないこの表紙に惹かれジャケ買いしてしまったのである。

有名人の自伝は自己啓発書としての側面もよく見られるが、本書はローランド様の「自分大好き」ネタが最後まで延々と続くwしかし、そのナルシスト感も中途半端なものでない徹底したもので、逆にそれが読んでいてだんだんとこちらまで気持ちよくなってくるという不思議な一冊w

それにしても、このローランド様、せっかく入った大学を入学式だけ行って「なんか違うな」と思い即中退し、18歳でホスト界に乗り込むという行動力がすごい。しかも店選びも最初に声をかけてきた店に決めるという決断の良さ。あのホリエモンも褒めそうな素晴らしい行動力である。その後、1年間の下積み時代はあったそうだが、その後弱冠20歳で店の代表取締役にまで上り詰めるやり手っぷり。

自信をもつ(ビックマウス)以外にも、媚びない・群れない・常識に縛られないなど、成功者に共通している性質はやはり備えている。そんな彼の名言が詰まった一冊である。

本書の中でマーカーを引いたものをいくつかご紹介。

 

よく女性に、「貴方のことが好き」と言われるのだが、そのたびに、 「俺も好きだよ!」と答えていた。「俺も(ローランドのことが)好きだよ」という意味でね(笑)。

即った女の子をはぐらかす際に使えそうなセリフです笑。

 

「つまらないものですが!」この言葉が幼少期からとても疑問だった。つまらないと知っていてなぜ、人に渡すのだろうか?って。俺ならば「最高に素敵な逸品です!」と言って渡すのになぁと。

なるほど!日本人特有の悪いクセですね。営業マンとしても取り入れるべき姿勢だと思いました。

 

(「使えない後輩と言われた経験はありますか?」という問いに対し、)

あるよ。「使いこなせない」の間違いでは?と思って気にしなかったけれどね。

上司や先輩に謂れもなく「使えない」と言われたときに思い出したい名ゼリフ。

 

 

他にも、ローランド節で溢れており、女子と会話する際の名言集としても使えそう。もちろん、大真面目に言ったら白い目で見られて終わりだと思うので、あくまでウケ狙いで。利用は自己責任でお願いします笑。予想していたよりも面白くてタメになる本でした。

 

 

 

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

 

 

おしまい