一匹狼の回顧録

30代の孤独な勤め人がストレスフリーな人生を考える

【書評】やんちゃなビジネスパーソンは、今すぐDJを始めなさい

新しい趣味として、最近DJをはじめた一匹狼です。

関連記事:一匹狼、DJ始めるってよ

 

練習はボチボチ始めていて、曲と曲をつなげる「ミックス」はすぐにできるようになりました。

(めっちゃ簡単なので誰でもすぐにできますが笑)

 

さて、今日はAmazonでDJ関係の書籍を検索していたところ、面白そうな本を見つけたのでご紹介。

 

 

やんちゃなビジネスパーソンは、今すぐDJを始めなさい

  

 

キャッチーなタイトルで思わずポチってしまった本書。ビジネスマンとDJを結びつけており、DJを題材にした自己啓発本かなと思い興味を持ち購入。ちなみに、Kindle版だと99円と超格安で購入可能。

 

内容は大きく分けて、DJの歴史、DJに求められる能力、趣味としてのDJと自己成長について、という流れで進んでいく。自己啓発的な要素は後半だけですね。正直ビジネスマンとDJの結びつきについては記述が薄かった印象ではあるものの、趣味としてDJを取りに入れるメリットについては頷ける記載が多くあった。

 

以下、第3章「生活を楽しく豊かにするには、自分自身の成長実感が必要  "成長実感できるロングヒットな遊びとしての DJ"」より印象的な記載を引用。

 

 DJという趣味は、コンペティションをしている人を除き、誰と競うこともなく、自分のペースで取り組め、ときには人前で披露し、いいねとフィードバックをもらうこともできる貴重な遊びである。

趣味というものは、他人との競争がなく自分のペースで取り組めるのが一番である(そうでなければ続かないから)。しかも、スキルが向上していけば、人前でその成果を表現できる数少ない趣味でもあるのだ。

 

DJは遊びや趣味としてのトータルバランスが非常に良いということを解説したい。トータルバランスが良く、成長実感できる機会も多い遊びであることも、 DJをオススメする理由の一つである。

趣味をインドア系/アウトドア系、インプット系/アウトプット系に分類した場合、DJはシーンや内容によって、それぞれどちらにもなりうるという話。たとえば、曲を探したり、編集したりすることはインドア系/インプット系に分類され、天候を気にせず気軽に楽しめる。またパーティーなどで演奏する場合は、クラブやバーのようなインドアもあれば、キャンプやフェスのようなアウトドアもあるので、環境を問わずアウトプットの体験ができる。DJは、天候に左右されない趣味ということで、仕事をしているビジネスパーソンにとって重要な要素であろう。

 

知っている人が多く、 DJをしている人は少ない、希少価値の高い趣味であるとも言える。 DJを始めるだけでもビジネスパーソンとして目立ち、際立つことになる。

DJとしてのスキルがプロフェッショナルでなくても、ビジネスパーソンのプラスαの性質としてDJを重ねることで、より際立つことは間違いないだろう。著者の言うとおり、DJは誰もが知っている一方、やったことがある人は少ないということで、話題作りにはもってこいだ。

 

著者のDJ Ricky PwR 氏を僕は詳しくは知らないが、大手IT企業の管理職ということで、まさしくDJの肩書きをもったビジネスパーソンということになる。

ということで、これからDJを趣味にしたいというビジネスパーソンは買い!お値段以上の一冊!

 

 

 

 

やんちゃなビジネスパーソンは、今すぐDJを始めなさい

 

 

おしまい